生活の知識

ねむりは人に欠かせない健康の三大要素

投稿日:2017年5月1日 更新日:

ねむりとは

https://i0.wp.com/www.nationalkidsday.org/img/suimin.jpg?w=920

ねむりとは我々ヒトには欠かすことができない健康の三大要素のひとつ

すなわち、周期的に繰り返す、意識を喪失する生理的な状態のことである。

睡眠中は刺激に対する反応がほとんどなくなり、移動や外界の注視などの様々な活動も低下する。

一般的には、閉眼し意味のある精神活動は停止した状態となるが、適切な刺激によって容易に覚醒する。

また我々ヒトをはじめとする大脳の発達したいくつかの動物では、睡眠中に夢と呼ばれるある種の幻覚を体験することがある。

「夢を見るねむり。素敵だねえ。」

睡眠(すいみん、羅: somnus、仏: sommeil、英: sleep)は、ねむること、すなわち、周期的に繰り返す、意識を喪失する生理的な状態のことである[1]。ねむりとも言う[1]。からだの動きが止まり、外的刺激に対する反応が低下して意識も失われているが、簡単に目覚める状態のことをこう呼んでいる[2]。ヒトの通常は昼間に活動し夜間に睡眠をとる[3]。動物では夜間に活動し昼間に睡眠をとるものも多い[3]。

ヒトの睡眠中は、急速眼球運動(レム, REM)が生じ、ノンレム睡眠であるステージIからステージIVの4段階と、レム睡眠を、周期90~110分で反復する[4]。睡眠は、心身の休息、身体の細胞レベルでの修復、また記憶の再構成など高次脳機能にも深く関わっているとされる。下垂体前葉は、睡眠中に2時間から3時間の間隔で成長ホルモンを分泌する。放出間隔は睡眠によって変化しないが、放出量は多くなる。したがって、子供の成長や創傷治癒、肌の新陳代謝は睡眠時に特に促進される。また、睡眠不足は身体にとってストレスである。

睡眠 - Wikipedia

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-生活の知識

Copyright© ポニーのブログ , 2017 All Rights Reserved.