生活の知識

ぐっすり眠れる入眠方法について

投稿日:2017年5月16日 更新日:

入眠時に必要なことって何だろう。

https://i2.wp.com/fuminners.jp/wp-content/uploads/2016/07/news_160705_kokyuu_main.jpg?w=920

知っていましたか?

人は一日、通常の生活している中で、緊張状態とリラックス状態では緊張状態を過ごしている時間の方が長いそうですよ。

もちろん、特殊な環境にいないと手に汗をかいたり極度の緊張状態を感じることは少ないかもしれませんが。。

いつも意識していない場面でも、気を張っている場面が多いということですね。

生活している上ではある程度の刺激的な緊張状態は大切ですが、ふかふかなふとんに入って、入眠する前の心地よい時間は、リラックスした状態で過ごしたいものですよね。

そこで、今回は入眠前に脳を休めてリラックスさせる方法を紹介します。

自分に合ったリラックス方法を知ることができれば、集中を高めたいときや、ここぞという大事な場面にも有効ですね。

 深〜い深呼吸をしてみよう

人は緊張すると呼吸が短く浅くなります。

呼吸が短く浅いと、必要とする十分な酸素が脳に行き届かず、集中力が持たなかったり、物事のやる気が出ないなどの弊害が出てきてしまいます。

呼吸の仕方、方法はさまざまありますが、深く考えすぎると悩みのタネになりますので、何も考えずまずはゆっくりと大きく息を吸い込んで、しっかりと長く吐き出すことを意識してみましょう。

深呼吸なんて、と思うかもしれません。

しかしそれだけでも、十分なリラックス効果が得られます。

また、やってみると少し気分が楽になりますよね?

されど、深呼吸。

どんな場所でもどんな状況でも、これだけでリラックスでき気分転換ができます。

入眠前にも、ぜひ試してみましょう。

自然界の音を聴いてリラックスしよう

リラックスや気分転換をしたい時に、音楽を聴くという方も多いのではないでしょうか。自然の音は心地よいですよね。

音楽の中でも「自然の音」は、脳をリラックスさせる効果が非常に高いです。

ゆっくりと水が流れる音や、波音、雨音など、水に関連する音は特にリラックスさせてくれます。

何故でしょう。

理由は、親の胎内で羊水に浮かんでいた、人間の体は70%が水でできているなど、諸説あるようですね。

入眠前に自然界の音を聴いてみましょう。

癒し効果の高い音であることは間違いです。

キャンドルの火の効果

小さい火だったり、ロウソクやキャンドルの炎などには、

心身をリラックスさせる揺れる独特のリズムがあります。

また、部屋の白灯などの強い光は脳を覚醒させてしまう場合がありますが、間接照明やキャンドルの落ち着いたあかりには、リラックス効果が望めるますよ。

最近ではアロマの香りを使ったアロマキャンドルなども豊富です。

香りとあかりのダブルの効果で、より一層リラックスしてみましょう。

こちらのアロマキャンドルやヒーリングCDがオススメです。↓

パシフィカ キャンドル タヒチアンガーデニア

パシフィカ キャンドル タヒチアンガーデニア

タン アロマティックキャンドル OE(Oriental Essence)

タン アロマティックキャンドル OE(Oriental Essence)

快眠サポート ドリミン 癒し系Vol.1 自然環境音のしらべ

快眠サポート ドリミン 癒し系Vol.1 自然環境音のしらべ

  • アーティスト: 安らぎの音楽工房フィル
  • 出版社/メーカー: 株式会社フィル
  • 発売日: 2015/06/03
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る

それでは、おやすみなさい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-生活の知識

Copyright© ポニーのブログ , 2017 All Rights Reserved.