お酒を飲み"ながら"読むブログ

「探偵はBARにいる3」はエンターテイメント性があり、シリアスな内容でもある、大人のデートに楽しめる作品でした。

 

こんにちは、ポニー(@pony_blog)です。

映画「探偵はBARにいる」シリーズ。その第3弾となる『探偵はBARにいる3』が12月1日に公開されました!

この映画、エンターテイメント性もありつつシリアスな内容となっていてとても好きな作品です。笑いあり、そして真面目なシーンありで、大人のデートに最適な映画です。さっそく観てきたので紹介しします!

とても面白かったです!

ポニー

 

 

探偵はBarにいる3の概要

妖しいネオンが瞬く、アジア最北の歓楽街=札幌・ススキノ。この街の裏も表も知り尽くした、自称「ススキノのプライベートアイ」――探偵。

探偵はBarにいる3の原作は、札幌在住のミステリー作家・東直己の「ススキノ探偵」シリーズです。

この作品は累計発行部数をなんと160万部を超えています。ススキノを舞台に活躍する探偵を、ハードボイルド風に仕上げた形で2011年に『探偵はBARにいる』のタイトルで映画化。その3部作目ですね。

 

 

あらすじ

「恋人の麗子が失踪した」。高田の後輩からのありふれた依頼を安易に引き受けた探偵。早速調査に乗り出すと、探偵は麗子がアルバイトをしていたモデル事務所のオーナー・マリと出会い、かすかな既視感を覚える。しかし周囲を嗅ぎまわる探偵はマリの手下に襲われ、これまで無敗を誇った高田も倒されてしまう。次第に麗子の失踪の陰に、裏社会で暗躍する札幌経済界のホープ・北城グループの殺人事件が見え隠れする。マリはグループの代表・北城の愛人だった。そんな中、何かを思い出す探偵。なじみの元娼婦・モンローがかわいがっていた、今にも死にそうに震えていた女――「あれか…?あれがマリか…?」
緊張が走る裏社会、巨額の薬物取引、2つの殺人事件――。すべてはマリによる、北城をも欺く作戦であった。そしてマリは、探偵に最後の依頼を託す。その時、探偵と高田の別れへのカウントダウンが始まっていた。

 

女子大生の麗子(前田敦子)が失踪したので探して欲しいと、依頼を受ける探偵(大泉洋)と高田(松田龍平)。麗子の調査をしているととあるモデル事務所のオーナー・マリ(北川景子)と出会います。探偵はマリと昔出会っていた感覚を覚える。

麗子の調査を続けているとマリの手下たちに襲われ、とある殺人事件に巻き込まれていくのです・・・。

 

 

作品の魅力


僕がこの作品が好きな理由は、エンターテイメント性があり面白い。かつ、シリアスなストーリーなので真面目に内容を楽しめる部分です。

面白い、愉快な笑える映画はたくさんあります。しかし、ゲラゲラ笑うだけだとちょっと物足りないんですよね。ストーリーも現実味のある、本当に起こり得る内容。この作品は「この国のどこかで現実に起きていてもおかしくない」ようなストーリーが魅力的です。

女子大生の失踪、その背景には暴力団の事件も関係している・・・。そして、マリ(北川景子)がなぜこの事件に絡んでいるのか。その理由は、悲しさもあり優しさもある、大切なものに対する想いが込められている。深かったです。

 

 

探偵が面白い


また、このシリーズ全てに共通しますが、探偵(大泉洋)が面白いです。身体を張った調査、暴力団に襲われたり、依頼を断りたいのに人の良さが出て引き受けてしまう部分など。映画館でも笑いが起きていました。

シリアスな部分の中にある笑えるシーン。「探偵はBARにいる3」の魅力です。

 

 

「探偵はBARにいる3」は大人のデートに向いている

 

「探偵はBARにいる3」は、やはりエンターテイメント性があり、シリアスな内容でもある、大人のデートに楽しめる作品でした。

探偵がススキノで事件解明に翻弄し、愉快で笑いありのストーリーの中、人間の生き方、想いなどを考えさせられます。大人のデートに向いている作品です。この冬、どんな映画を観ようか考えている方はぜひご覧ください。

映画を観た後に、お酒を飲みながらあーだこーだ語るのがまた楽しいですね。

 

大人の嗜みや

ポニー

 

それでは!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です